電子管,送信管,真空管
電子部品
トロイダルトランス
真空管オーディオ用
標準電源用
医療機器用
Follow us on Twitter @tecsolinc
Follow us on Twitter @tecsolinc

Plitron社製オーディオ用トロイダルトランス

PLITRON logo
 ハイエンド・オーディオの世界では、今トロイダルトランスがベスト製品として、日常的に使用されております。
 
 素晴らしいオーディオエンジニアにより最先端の設計で的確に組み立てられたトロイダルトランスは、小型、高効率、低ノイズであり、また電気特性上現状のEIトランスより優れていることを多くの方々に認めていただいております。トロイダルトランスは、真空管全盛時に比べ、ハイパワー、低歪みであり、低ノイズのアンプ、プリアンプを開発する助けになっていることは、決して誇張ではありません。
 
 プライトロン社は、オーディオ業界へのトランス供給におけるリーダーとして、皆様に必要とされる会社を目指しております。多くの真空管アンプの再出現や、真空管製造業の復活が、1990年代のトレンドでしたが、出力トランスにおいては、革新的なことはありませんでした。しかし、プライトロン社の分析は、一つの結論として現状のEI出力トランスの性能が、トロイダル技術の採用により驚異的に改善されるかもしれないということに至りました。そして、同社は1989年に真空管回路におけるトロイダル技術の応用を調査し始め、1993年にはメンノヴァンダービーン氏によって、トロイダルトランスのPATシリーズが開発、紹介されました。その過程では、コンピューターモデルの採用や、数百にのぼる試作品の製作により、素晴らしい設計への挑戦が行なわれました。最初のシリーズであるSTANDARD RANGEは、三極管プッシュプル、超リニア五極出力管用に設計されました。1994年には、そのSTANDARD RANGEが紹介されたのですが、その性能レベルと価格は、他の出力トランスの追随を許さないものでした。また、紹介以来、優秀なユーザーの方々の素早い対応により、スペックにおけるトロイダルトランスの優位性が証明されております。なお、STANDARD RANGEは、均一結合、カソードフィードバック線巻法、セパレートスクリーニングリッド線巻法などの、洗練された方法を用いたSPECIALIST RANGEによってフォローされております。また、現在プライトロン社では、シングルエンド用出力トランスの新PAT-SEシリーズを紹介しております。300Bの再登場により、オーディオ業界においては、トロイダル技術を用いて設計、製造された出力トランスで、新鮮でさわやかな音色を生かすことができるようになりました。
 
 設計は、 時間周波数分析とフーリエ・シンセサイジングを用いたCAD・CAIであるMILSSAというコンピューターモデルの特徴を生かしております。また、この設計は多くのサンプルテストや組み立てによって実証された後、スペックが最終決定され製造されます。トロイダルトランスの特徴は、トロイダルコアが全ての応用分野における鍵を握っています。プライトロン社は材料を初めとして、熱処理サイクル、故障要因、全てにおける大規模な調査のもと、トロイダルコアを生みだしています。関連した調査、開発は絶縁方法、リード線の処理、結合及び線巻技術を含んでおります。この調査こそがトランスの性能におけるブレークスルーを実現し、出力トランスに応用した際、驚くべき結果となった訳です。PATシリーズの製造は厳しい品質管理の下、訓練された作業者によって行われております。超ワイドな周波数特性と信じがたいフェーズ応答性を達成するために、プライトロン社は最先端であり、独占的技術である線巻法を用いております。これが、容量を確かなものにし、リークインダクタンスを最小限に留め、初期インダクタンスを非常に高く維持しております。
 
 プライトロン社は、他社のどの製品よりも高いレベルのスペックを提供し、メンノヴァンダービーン氏による価値ある技術書を出版しております。
潟eクソルはプライトロン社の日本総代理店です。

|
ご利用条件 | 個人情報について | 「特定商取引に関する法律」に基づく表示
株式会社テクソル